ひじ下の毛 処理

冬でも露出が多いひじ下は常にしっかりお手入れするべし!

毛の処理でオールシーズン絶対に怠ってはダメ! という場所と言えばひじ下が挙げられますね。

 

露出の多くなる春〜夏にかけては誰もが毛の処理をしっかりと行うものですが、寒さで服を着込むようになる秋冬は毛の処理を怠りがちになるものです。

 

しかし、どうしてオールシーズンひじ下は処理するべきか分かりますか?
その決定的な理由は、秋だろうと冬だろうと意外にも見られやすい部分だからです。

 

例えば手を洗う時、長袖を着ていれば袖が濡れないように腕まくりをする事がありますよね? それから、食事に出かけた時に袖が汚れないようにしようとすれば、誰だって腕まくりをするものです。

 

すると必然的に他人の目がそこに向くワケです。

 

ましてその相手が異性というと、こういった部分を本当に良く見ています。

 

そこでもしもフサフサしている毛が見えたら、異性側はどう思うかもうお察しですよね?
処理をしていないだけで毛深いと思われたり、汚いと思われる事だってあるのです。

 

そう思われない為にも、ひじ下には常に意識を持った方が良いと言えるでしょう。

 

ひじ下のムダ毛処理、自分でやるならカミソリがベスト!

ひじ下の処理方法はカミソリで行う事がベストでしょう。

 

朝の洗顔のついでや、入浴のついでにササっと済ませてしまう事が出来る上、処理をする箇所もそこまで広くはないので手間もかからない部分です。

 

しかし、ひじ下の毛の処理って『意外にもやりにくい!』と感じた事はありませんか? 
その結果、毛が残ってしまった・中途半端に剃れて何だか汚いという経験はありませんか? そういった方こそ毛の流れをしっかり見極める事が大事です。

 

基本的に毛の流れは一定方向を向いているものですが、肘下の毛というと少し斜めがかった横向きに生えている傾向があります。

 

この流れを意識して、表側は肘を曲げで下から上へと処理するとキレイに仕上がります。

 

また脚などに使うような大きめカミソリを使うと、どうしても剃り残しが残りやすいので、残ってしまった部分は眉用や顔用などの小さめのカミソリを使って毛残り処理をする方法も良いです。

 

また同時に”ここだって見られやすい!盲点、指毛の処理もしてしまった方が一石二鳥です♪ 

 

見られやすい部分だからこそ、徹底した処理が大事です!
だからと言って毎日のように剃ってしまえば、肌を傷めてしまうので”ほどほどのケア”が大事でしょう。

 

彼氏に愛される方法。|10代女子が脱毛・スキンケアで彼に好かれる トップページへ