おなかの毛 ケア

見られたらヤバイ!おなかの毛はどう処理すべき?

夏休みになると、プールに出かけたり海水浴に出かけたりとレジャーイベントって沢山ありますよね。

 

大学生くらいになれば、互いにお休みだし……と数日彼のアパートでお泊まりデートをする事だってあるものです。

 

そんなシーンで絶対忘れたくない事というと、おなかの毛の処理です。

 

誰もが「脚が腕が……」と露出の多めな季節だからこそ毛の処理を事を気にするものですが、おなかの毛って意外と盲点ではないでしょうか?

 

無論、腕や脚に比べて産毛程度に違いありませんが、男子って実はおなか・腰周りが大好きな人が多く……結構見ている人が多いのです。

 

産毛程度とは言え、密集すれば目立ってしまうものです。
特に目立つ箇所と言えばお臍の周りですね。

 

男性だとこれが陰毛と繋がっている人も中には居ますが、女の子の場合このうっすらとした毛が脚の方にかけて繋がっていたら男性から見てどう思われるかもう予測できますよね? 

 

毛深そうとか、なんか不衛生そうとか思われてもおかしくないのです。

 

そう考えると、しっかりとおなか周りの毛の処理も必要という事が理解出来るのではないでしょうか?

 

カミソリで週1ケアから始めてみよう

おなかの毛は基本的に産毛程度で細いです。

 

細い毛というと、やはり毛抜きで抜くのは拾いにくいので困難が伴います。

 

それに割と広範囲なので1本1本抜く手段は途方の無い作業となります。

 

そこで手取り早い手段というと、カミソリで剃る事が一番早いのではないでしょうか?

 

入浴中の”ついで”で処理してしまう事が一番簡単ではないのかと考える事が出来ます。

 

しかし産毛程度の毛なので、すぐ目立つようになるというワケでも無いので頻度も週1か気になった時だけというだけで充分でしょう。

 

毛の周期を考えても1週間から2週間くらいは充分保つ事が出来ます。
毎日のようにケアをする必要はありません。

 

デート前日、ケアをしておけば何ら問題も無いでしょう。

 

しかし、おなか周りというと普段衣服で隠れている部分で露出をする事も少ない分、肌の構造上デリケートな部分には違いありません。

 

初めておなかの毛を剃るという人は、様子見に水着デート1週間前に剃って翌日の様子をあらかじめ見ておくと良いでしょう。

 

それで特に異常もなければ前日に剃っておくと良いです。

 

もしも痒みなどがあった場合、処理は前日より早めに行ってアフターケアをしっかりしておくなど調整する事が出来ますからね。

 

彼氏に愛される方法。|10代女子が脱毛・スキンケアで彼に好かれる トップページへ