指毛処理 どうすればいい?

ペアリングが似合う指になるために。指毛処理はしっかりしておこう

顔を除いて、ほぼ1年中肌を露出している部分と言えば手ですね。

 

実は手って結構人に見られやすい部分だったりします。

 

30代間近の大人のお姉さん方だと『手は年齢が出やすい!』と、1年中ハンドクリームをバッグに忍ばせて、出先でも手のケアを入念に行っている方だって居るくらいです。

 

しかし10代の場合ですと、どちらかと言うと毛の方が気になりやすいものではないでしょうか? 最近付き合った彼にペアリングを貰らったけど、もし指毛がフサフサだったらと仮定してください。

 

間違い無く幻滅されてしまいますよ?!
この年代の男子ってどうしても『女の子には無駄毛が無い』なんて少し迷惑な幻想を抱いているケースが非常に多いものです。

 

折角お揃いの指輪をあげたのに指毛フサフサこれでは、男子の気が冷めてしまう……なんて事も充分に想定出来るのです!
いつだってペアリングを貰ってもOKなように指のケアはきちんとしておきたいですね。

 

しかし指毛のケアというと、どうすればいい? と、少し戸惑ってしまう部分がありますよね?

 

週1カミソリでお手入れを!毛抜きでの処理はNG

いくらフサフサとは言っても、産毛程度で脚や腕の毛に比べてしまえば、か細い毛ではないでしょうか? 毛抜きで抜くにしても、上手く拾えず結構面倒なものです。

 

試しに1本だけ抜いてみれば分かると思いますが、指は皮膚が意外と薄い部分なので毛抜きで抜くとっても痛いです。

 

確かに毛抜きを使って処理すると、剃ってしまうよりも長く毛は生えてきません。

 

しかし引っ張られる分、毛を作る細胞が刺激されて、もっと黒く太く逞しい毛が生えてしまう傾向があるのです。

 

そう考えると毛抜きでの指毛ケアはオススメする事が出来ません。

 

そこで有効な手段としては、カミソリで毛剃りをする事が一番ではないでしょうか。

 

眉用や小さめのT字カミソリで充分です。

 

入浴中の身体を洗う時や手を洗う時石鹸をつけたついでで剃ってしまう事が一番手軽ではないでしょうか。

 

小さい部分なのでついつい空剃りで済ませてしまう事が多い箇所でもありますが、やはり滑り良い状態の方がキレイに処理する事が出来ます。

 

1週間程で元の状態に戻ってしまいますが指毛剃りは週1くらいのケアで充分でしょう。

 

逆に毎日行ってしまうと、毛の断面を切る分太く逞しい毛に見えてしまう事があるのでやりすぎも注意が必要です。

 

また毛を剃った後は、乾燥しやすい状態になるのでローションをハンドクリームでケアするなどアフターケアをすると、手全体がキレイに見えるのでしっかりと行った方が良いですよ♪ これで何時だって彼にペアリングを貰ってOKのツヤツヤ指作りが出来ます。

 

是非試してみてはいかがでしょうか。

 

彼氏に愛される方法。|10代女子が脱毛・スキンケアで彼に好かれる トップページへ